2017年08月05日

ノルウィージャン製法(norwegian process)

IMG_0200.JPG

 ノルウィージャン製法は、登山靴やスキー靴などに用いられた製靴法で、耐久性や耐水性を目的として考案されたと言われております。図のようにアッパー(甲革)とインソール(中底)をスクイ縫いした後、アッパーを外側(L字)に向けミッドソール〜本底を縦にダシ縫いを行うといった構造です。

ノルウィージャン構造図.gif


 屈曲性に優れたステッチダウンにスクイ縫い(アッパーとインソールが縫い付けられている)をプラスしたことにより、横ぶれを抑え安定感のある履き心地を実現。経年による中底のブレを抑制し、耐久性に関してもステッチダウンより優れた製法です。

 面構えもアッパーサイドに施されたスクイ縫い&チェーンステッチは唯一無二の存在感であり、ワークブーツにもってこいの製法ではないでしょうか。

 この新たな技法は、Blucher(ブラッチャー)を始め、ホワイトクラウドの全モデルに採用することが可能となります。

posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS