2008年05月10日

チャン

DSC00081.JPG

 チャンと言えばるんるんひとひとピッチャンひとピッチャンるんるんの"子連れ狼"を思い出してしまうのは私だけでしょうか?古すぎますね。

 「チャン」とは靴加工で使用する物ですが、普段何気なく使っているものの(松脂の成分である事は分かっていましたが)あまり深く考えて作業しておりませんでした。
 調べてみた結果、松脂を加熱分解し、揮発分を冷却して回収した後の「残滓(のこりかす)」との事ですが、この「チャン」を熱で溶かし油を混ぜ、硬さを調節して出来た物を縫い糸にすり込み強度をつけます。
 厄介なのが混ぜる油の量です。糸に付けたチャンが縫い始めから終わりまで変わらず維持できるよう加工しなければなりません。季節(気温)によっても量を調節します。

 海外の文献ではこのチャンと石蝋や蜜蝋を混ぜ固形にした物を使用しているみたいですので、糸加工の新たなレシピとして加え、試してみたいと思います。
posted by SHOW GOTO at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | SPECIFICATION
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14814182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック