2008年10月06日

月型・先芯加工

DSC00263.JPG

 靴の踵と爪先に入っている芯材です。以前にもお伝えしましがホワイトクラウドでは月形(踵側)と先芯(爪先側)は通常、紳士靴などで靴底として使われている繊維が密で腰がある本底用の革を選択しております。

 大半の靴は繊維が粗めな革やプラスチック、屑革などを利用して作られた既成の月形等を使用しています。 ホワイトクラウドの靴は型崩れしにくく長寿命でなければならない故に本底用の革の選択はベストであると思っています。

DSC00258.JPG

 ↑画像は漉き加工して木型に成型させた月形です。ハンマーで叩きながら成型していきます。叩く音が変わってきたら革が締まってきた証拠。浮きが無くなるまでひたすら叩きます。
posted by SHOW GOTO at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | SPECIFICATION
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20619103
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック