2016年06月04日

green day

WIN_20160603_125625 (640x480).jpg

 昼からビールを飲みたくなる良い天気が続いておりますが、イカン!イカン!
それにしても自然の持つ美しさには敵いませんね。
posted by SHOW GOTO at 11:05| DIARY

2016年06月02日

米国製アイレットとフック

fook (640x480).jpg

 アッパーにアイレットとフックを打ち込む時、先輩からの助言や海外メーカーとのやり取りで苦労した事などを時折思い出します。

ブラッチャーの最終サンプルを持って先輩に会いに行った時、
"後藤、アイレットとフックは変えたほうがいいな。イイもん作るんだったらそういう所も気にしないと" 海外で色々本物を見てきている先輩だからこそのストレートな意見。
気になっていた部分だったから、さすがは先輩、見るところが違う!!

この助言によりアイレット&フックの捜索活動が始まった。
当時、材料屋には米国製のパーツは無く、オリジナルを作るか、輸入するかの選択でした。オリジナルは最小ロットの数が半端なく、ブーツを一生作っても余る程の量を購入しなければならない。

一方、海外のブーツメーカーや材料屋にメールでコンタクトを試みたが、当然ながら返信はなし。何とか手に入れなければと 頭の中はず〜と、アイレット&フック。
悶々と数ヵ月が過ぎ、ダメもとである一社に直接電話することに・・・。

知ってる英単語を並べて文を作り、会話が成立するか否かの不安の中、

ハロー、ディスイズ ホワイトクラウドカスタムブーツメーカー インジャパン。
プリーズ テルミー 〜〜〜〜頼む、予想していた以外の質問しないでくれぇ〜(汗)

やった通じた!これでやっと手ににはいる。

今か今かと待ちわびた念願のアイレット&フック。と、ここまで上手くいっているように見えますが、こちらの意見が通じず、再度メーカーに問い合わせたり、専用の道具を作ったり、輸入の手続きと色々と面倒な事がありましたが、ようやくブラッチャーを世に送る準備ができました。

 年に数回しか会えない先輩は、自分にとっていつも良きアドバイスや方向を示してくれる。
少し大げさかもしれませんが、無垢で、"思い"のある言葉は心を動かし、信念を生む事ができる。そういったことを改めて学んだように思えます。

何気ないパーツだけれども、苦労して手に入れたモノだから、自然とブーツに気持を込める事ができるんです。



最近、スピードラーニングやってみたが3日坊主に終わる。
posted by SHOW GOTO at 11:48| DIARY

2016年05月19日

Kustom Bike

WIN_20160430_195123 (640x480).jpg
posted by SHOW GOTO at 00:00| DIARY

2016年05月07日

Dark Necessities

posted by SHOW GOTO at 00:00| DIARY

2016年04月18日

Voodoo In My Blood

posted by SHOW GOTO at 00:00| DIARY

2016年03月23日

カメラ・ワーク

_DSC4905.JPG
 
 海外のワークブーツマニア達にも好評なブラッチャーのこの画像。お客様の高性能カメラによる素敵な1枚。ブーツが一際輝いて見えます。A様ありがとうございました!!
posted by SHOW GOTO at 22:20| DIARY

2016年03月20日

YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO



 日曜の夜10時くらいかな。20年以上前に放送されていた番組でジャズシンガーの阿川 泰子さんがこの名曲を歌っていたのを記憶します。自分的に日曜の夜と言えば何とも言えないマッタリ感と、少し寂しげな時間帯。
たまに" YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO"が脳内を駆け巡ります。

ジャズバーでバイトしていた頃も当然のことながら流れていました。ウィスキーでも呑もうっと。
posted by SHOW GOTO at 21:04| DIARY

2016年02月26日

作るという事

WIN_20160226_101214.JPG

弱い自分につばを吐き続け、常に腹をすかしておかないとイイもんは作れねぇ。
まだまだ、
まだまだこんなもんじゃねぇ、

負けるもんか、
負けるもんかってね

自分自身に言い聞かせて靴作るんです。
posted by SHOW GOTO at 11:23| DIARY

2016年02月15日

出し縫い

WIN_20160212_232126.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| DIARY

2016年01月13日

バランス

WIN_20160112_133208.JPG

 木型の設計で重要な点はいくつかありますが、その中でも爪先と踵のセンター決めで、その角度次第では小指に負担がかかったり、土踏まずのカーブがきつくて靴作りに影響が出たりと、なかなか厄介なポイントです。靴を履いて、いつも小指があたるという方は、この角度が影響しているかもしれません。

 木型はそのメーカーの顔であり、デザインが良くても、履き心地はダメ。その逆もしかり。バランスのとれた木型が理想です。

画像のブーツは2回目の仮縫い。フィッティングで"OK"頂きました。
1回目の仮縫い製作では採寸データをもとに木型の各ポイントを削ったり、盛ったりと数値上で合わせて作り、2回目では数値を離れて足の特徴を再検討し製作。改めて、普段からの採寸とフィッティングがいかに重要かを考えさせられました。

 ブーツを作る面白さ、木型作製の奥深さ、そして何よりもお客さんのニコッとした笑顔を見る為に、常に良い仕事をしなければいけませんね。

posted by SHOW GOTO at 00:31| DIARY

2016年01月01日

Hello!! 2016

web16年賀.gif
posted by SHOW GOTO at 00:00| DIARY

2015年12月31日

2016

 WIN_20151231_124235 (2).JPG

 "人との出会いは奇跡だ。良くも悪くもその人の人生を大きく変える力がある" とても印象深い台詞で、ずっと頭から離れなかった言葉。なるほど・・・

 さて、自分はどうだろうか? 出会いはまさに奇跡そのものです。埼玉県越谷市蒲生東町5−38 へ 全国から自分の作るブーツを求め足を運んで頂いている。そりゃあ〜チョロっと採寸して、はいサヨナラというわけにはいきません。フィッティングも共に歩き、たまにアホな話もする。ホワイトクラウド立ち上げからずっとこのスタイルは変わっていない。

 僅か数時間の出会いが、自分の創作意欲を与えてくれる大きな力であり、また皆様にとって、そのブーツがほんの少しでも"心の豊かさ"に繋がって頂けますよう、『』これからも精進いたします。

 さて、2016年ホワイトクラウドはイロイロな"挑戦"の年にします。新たな出会いと共に色々なモノ、コトを具現化できればと考えておりますので、今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

今年も残りわずかとなりました。皆様どうぞ良いお年をお迎えください!!
posted by SHOW GOTO at 10:01| DIARY

2015年12月16日

挑戦者であること

WIN_20151215_192552.JPG

"安定は、作り手にとって死を意味する"
posted by SHOW GOTO at 10:29| DIARY

2015年12月07日

Deep Sex

posted by SHOW GOTO at 20:18| DIARY

2015年10月28日

Jack & White Brothers

WIN_20151026_123010 (2).JPG

"SHORTY"
posted by SHOW GOTO at 22:36| DIARY

2015年10月15日

Cheyenne

posted by SHOW GOTO at 23:55| DIARY

2015年09月28日

Super Lover

WIN_20150927_095707.JPG
posted by SHOW GOTO at 10:33| DIARY

2015年09月09日

Umbrella

posted by SHOW GOTO at 23:06| DIARY

2015年07月08日

877

CIMG0184.JPG

 我がブーツ作りの礎として、偉大なるブーツメーカー"MY RED WING"。

 以前ハーレーダビッドソン社で世話になっていた頃、バイクに乗り、雨でもガンガンに履けるブーツをと15年前に購入した"877"
普段履きというよりはハーレーの試乗会イベントに活躍してくれたタフなブーツ。

 当時は、タフでバランスのとれたデザインだなぁと思っていた点が、作り手となり型紙を研究している内に、それが機能美である事に気付かされました。

877.jpg

100年以上も続く歴史あるブランド。自分が一生かけても敵わないブーツメーカーであります。

一人のブーツファンより。



posted by SHOW GOTO at 00:00| DIARY

2015年07月04日

Soundgarden

posted by SHOW GOTO at 00:00| DIARY