2021年01月23日

ダブルステッチ

20210202_232805370_iOS.jpg

20210202_235544850_iOS.jpg
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2021年01月13日

カッティングエッジ

20210110_044921550_iOS.jpg

20210110_045137390_iOS.jpg

20210110_045245460_iOS.jpg

 タンとシャフトを縫製した後に、革切包丁でカッティング。長いことやっている作業だが、いつまで経っても緊張する。
 同じデザインのブーツを作っているのだが、毎回新たなモノを生み出す気持ちになります。

    "慣れはワクワク、ドキドキする感覚を蝕み、やがて朽ちていく"

 包丁の切れ味を良くするために砥石を変えたり、ミシン針を変えたりと、ほんのちょっとした事だが、それだけで製作する心に変化をもたらしてくれます。

 モノは作り手の心次第で良くもなり、悪にもなる。どうせ生み出すんだったら最高のモノを作り続け、最高の技術を追い続けていきたいものです。
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2021年01月10日

縫製

20210108_091113110_iOS.jpg

20210108_090942760_iOS.jpg

posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2021年01月07日

裁断

20201229_071005810_iOS.jpg
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年12月06日

2020年12月04日

ヒール加工

20201209_015833700_iOS.jpg

20201210_043754680_iOS.jpg
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年12月01日

底付け〜出し縫い

20201205_032358080_iOS.jpg

20201206_014644230_iOS.jpg
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年11月28日

2020年11月25日

すくい縫い

20201129_085850100_iOS.jpg

20201129_085951650_iOS.jpg

20201129_090058210_iOS.jpg

20201129_090256370_iOS.jpg


ノルウィージャン製法は、登山靴やスキー靴などに用いられた製靴法で、屈曲性に優れたステッチダウンにスクイ縫い(アッパーとインソールが縫い付けられている)をプラスしたことにより、横ぶれを抑え安定感のある履き心地を実現。耐久性、耐水性においても優れた製法です。
 面構えもアッパーサイドに施されたスクイ縫い&チェーンステッチは唯一無二の存在感。

一目一目の縫い方で表情が変わってくる。まさに鬼軍曹ばりの顔つきで縫っています。
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年11月23日

釣り込み

20201128_041436160_iOS.jpg

posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年11月21日

芯材くせ付け

20201126_002710270_iOS.jpg

20201126_002538450_iOS.jpg

20201126_002600590_iOS.jpg
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年11月18日

手縫い用糸加工&染め

20201124_091836328_iOS.jpg

20201124_091710187_iOS.jpg


麻糸6本撚りの掬い縫い糸と、出し縫い糸を手染め。
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年11月15日

中底加工

20201124_083331140_iOS.jpg

20201124_003153390_iOS.jpg
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年11月12日

組立て

20201107_003518680_iOS.jpg

20201110_084839930_iOS.jpg
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年11月10日

裁断

20201104_021148960_iOS.jpg

20201104_054907940_iOS.jpg

20201104_084758070_iOS.jpg

 製品として使えない部分は大胆にカットします。最終的に残った部分を使用しますが、まるで毛刈りを終えた羊のような姿を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか?
少し寂しい気もしますが、そのほうが作業的に効率が良いです。
posted by SHOW GOTO at 07:53| WORKS

2020年10月01日

縫製

20200912_101137570_iOS.jpg

20200913_023125260_iOS.jpg

20200913_023415870_iOS.jpg

20200913_024540800_iOS.jpg

20200913_024735480_iOS.jpg

20200913_030316600_iOS.jpg
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年09月23日

【ハイシャイン】 ヒール&エッジ

20200903_010418190_iOS.jpg

20200902_081037950_iOS.jpg

20200902_081002040_iOS.jpg

ハイシャインは、靴作りをしている方なら誰にでもできる技法ですが、忍耐力は必要です。
そして、輝きへの探求心も。
 
20200924_075455250_iOS.jpg

20200924_092437220_iOS.jpg
丁寧に加工しているので、少し手を加えるだけで輝きを戻す事もできます。
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年09月20日

ヒール加工

20200828_053805060_iOS.jpg

20200828_064152020_iOS.jpg

20200828_065127020_iOS.jpg
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年09月17日

Retrograde of the times.

20200826_012642530_iOS.jpg

20200826_015100410_iOS.jpg

20200826_021738070_iOS.jpg
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2020年09月14日

底付け

20200825_005026960_iOS.jpg

20200825_061434090_iOS.jpg

 ステッチダウン製法は頭周りをまとめる際、革が厚い分 綺麗に皺を抑えるのが難点です。 
簡単な製法に見えて所々難問が潜んでますが、ステッチダウンならではのカジュアル感、雰囲気はとても好きです。
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS