2018年01月28日

底付けA 手縫い

IMG_1530.JPG

IMG_1558.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2018年01月26日

底付け@

IMG_1526.JPG

IMG_1527.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2018年01月23日

つり込み

IMG_1522 (編集済み).JPG

IMG_1523.JPG

IMG_1524.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2018年01月21日

縫製

IMG_1520.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2018年01月19日

底材加工

IMG_1514.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2018年01月17日

ヒール積上げ

IMG_1454.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2018年01月11日

つり込み

IMG_1449.JPG

IMG_1447.JPG

ワニと言われている靴用のペンチを使い、縫製した甲革(アッパー)を釘でおさえ木型に添わす作業です。 革の伸び方向や型紙、縫製のテクニックなどにより「つり込み」の精度が変わってきます。面白く、頭に血が上る作業でもあります。
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2018年01月09日

先芯加工

IMG_1443.JPG

IMG_1445.JPG

オプションで先芯(爪先の芯材)は革を選択できます。ミッドソールや中底、月型(踵の芯材)と同素材のベンズレザーを使用。形状記憶に優れ、アッパーとの相性も抜群です。
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2018年01月07日

2018年01月05日

裁断

IMG_1427.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2017年12月30日

つり込み

IMG_1416.JPG

posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2017年12月28日

先芯加工

IMG_1415.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2017年12月25日

底材加工

IMG_1414.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2017年12月20日

The Double Stitch

IMG_1394.JPG
posted by SHOW GOTO at 23:55| WORKS

2017年12月18日

マシン縫い

IMG_1378.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2017年12月16日

出し縫い

IMG_1372.JPG

単糸の麻糸を3本に撚り、松脂をしみこませ出し縫いの糸をつくる。手間はかかるが、初めから撚られた既成の糸よりこちらのほうが強度があります。
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2017年12月13日

先芯加工

IMG_1364.JPG

オプションで先芯(爪先の芯材)は革を選択できます。ミッドソールや中底、月型(踵の芯材)と同素材のベンズレザーを使用。形状記憶に優れ、アッパーとの相性も抜群です。
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2017年12月11日

底材加工

IMG_1361.JPG

IMG_1357.JPG

靴を構成する各パーツ(中底、月型、先芯、ミッドソール)は厚みのある革(ベンズ)から生まれる。特に中底はもっとも重要で、高い精度が要求される。中底を見れば作り手がどのような考えで靴を作っているかがわかるパーツでもあります。
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2017年12月09日

縫製

IMG_1354.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS

2017年12月07日

裁断

IMG_1341.JPG
posted by SHOW GOTO at 00:00| WORKS