2017年04月03日

東京新聞掲載!

WIN_20170330_141305.JPG

4月3日、東京新聞(埼玉版)に掲載して頂きました。

取材当日、ライターさんから趣味は何ですか?と聞かれ

俺:靴作り! あ、いや最近は料理かな〜!?

記者:期待を込めて "どんな料理を作るんですか"

俺:カレーと鍋(笑)

あまりにも普通だったので、二人とも爆笑!

そんなやり取りが続く楽しい取材でした。ライターのNさんありがとうございました!

ウェブ版にも掲載されておりますのでご覧ください!
posted by SHOW GOTO at 00:00| MEDIA

2015年11月16日

BOQ

1113_white-kloud_1.jpg 

 技術力・品質・信頼性、長い時間をかけて育んだブランド価値を発信するインターネットメディア【BOQ】にホワイトクラウドと小笠原シューズのコラボモデル"ドレスチャッカー"を掲載して頂きました。

 話題のショップや靴職人、クリエイター等紹介し、青山で展示会を開催したりと、動きのある"知る人ぞ知る"ウェブサイトです。
posted by SHOW GOTO at 00:00| MEDIA

2014年12月15日

CLUB HARLEY 1月号

CIMG8055.JPG

CIMG8061.JPG

"藤田さん"あってこそのCLUB HARLEY!!
posted by SHOW GOTO at 00:00| MEDIA

2014年12月14日

VIBES 1月号

CIMG7996.JPG

CIMG8000.JPG   CIMG8014.JPG

"うめさん"あってこそのVIBES!!
posted by SHOW GOTO at 23:26| MEDIA

2014年10月31日

別冊Daytona BROS vol.13 "LEATHER JACKET & BOOTS 大全"

CIMG7535.JPG

CIMG7540.JPG

CIMG7549.JPG

 我がブラッチャーを生むきっかけとなった偉大なる海外ブーツブランドをはじめ、実直で繊細な仕事をする国産メーカー。

 色々なメーカーがそれぞれの思いを込めて工夫を凝らしブーツを作っている。ファッションに重点をおいたモデルやタフで壊れにくい構造のブーツなど様々。

 以前にも増して色々なモデルが登場し多様化しているように思えるが、個人的にとても良い事だと思います。10人いれば10人の考えがあり、人それぞれにあった環境で自由に使えば良いと考える事ができるほどのメーカーやモデルがこの本に紹介されております。

 誌面には姿を見せないが、自分より優れ高い技術とセンスを持つ職人やアーティストが存在する事を踏まえつつ、謙虚にそしてこれからもお客さんに喜んで頂けるよう作り続けて行きたいと思います。


posted by SHOW GOTO at 00:00| MEDIA

2014年10月30日

lightning vol.248 12月号 "愛しきブーツ三昧"にて。

CIMG7530.JPG

CIMG7524.JPG
 
 "いろいろな要望にフィットするブーツを作りたかった。一人一人の要望を直接聞いて、自分で作るようにしたかった" 靴と真剣に向き合うこと10年、ホワイトクラウドを立ち上げて7年になる。
 いまだにこの気持ちは変わらない。が、10年、7年はまだまだ小僧。

70歳越えて現役で頑張っておられる先輩方がおられます。さて28年後の自分。
どんな職人になっているか?
そして靴を通じてお会いした皆様は?考えると何だかワクワクします。
posted by SHOW GOTO at 00:00| MEDIA

2014年05月31日

CLUTCH Magazine 7

CIMG6093.JPG
 
CIMG6097.JPG

 CLUTCH Magazineに掲載して頂きました。"MY SHOES & MY LIFE" 自分流に言い換えますと…
"靴に取り憑かれた生活"のほうがあっているかな(笑)そのうち、目ん玉がアイレットで鼻からシューレースがびろ〜んって事にならないように気をつけます。



posted by SHOW GOTO at 00:00| MEDIA

2014年01月28日

Lightning 特別編集【The Boots Bible】

CIMG5093.JPG

 Lightning 特別編集【The Boots Bible】完全保存版に掲載して頂きました。

フィッティングについてあれこれ…

CIMG5078.JPG


新作【Mon-Key Bite】

CIMG5076.JPG

CIMG5052.JPG


Jack & White Brothers 【Ox-Anforda】

CIMG5088.JPG

CIMG5068.JPG

そして福禄寿 奥山くん 

CIMG5094.JPG

情報満載のムック本ですので皆様是非ご一読くださいネ!

posted by SHOW GOTO at 00:00| MEDIA

2013年10月22日

CLUB HARLEY 11月号

CIMG4063.JPG

CIMG4067.JPG

 CLUB HARLEY 11月号に掲載して頂きました。以前に比べファッションアイテムが充実しており見応えたっぷりです。カスタムパーツはあれやこれやと言っていた時が懐かしいなぁ〜。萌ぇ〜てました。

CIMG3990.JPG

走っていると脳みそが吹っ飛ぶ感じ。やっぱりイイネー!!
posted by SHOW GOTO at 14:59| MEDIA

2013年10月04日

MONO特別編集【RED WING】

CIMG3758.JPG

CIMG3870.JPG

MONO特別編集 【RED WING】に掲載して頂きました。作り手としての立場から自分なりの解釈で名靴 877を検証。

 もはやレッドウィングの代名詞といえるグッドイヤーウエルト製法ですが、今回は視点を変えてアッパーの型紙について考えてみました。雨やホコリの侵入を抑える構造で、可動部のステッチの解れを抑制するパターン等々、長く使い続ける為の技法が満載である事に改めてレッドウィングの力というものを感じております。
 
 あのインパクトのある顔つき、なんと我がブラッチャーも設計段階の際、877のエッセンスを取り入れています。叶わない願いとは分かってはおりますが、このブーツを設計した人達と会い酒でも呑みながら靴談義できたらなんと幸せな事か。

 100年以上も生き続ける歴史あるブーツメーカー【レッドウィング】。今回この企画に参加できた事を心より感謝致します。

又、撮影時に大切なブーツを心良く貸して頂きましたMr.M様、Mr.W様 本当にありがとうございました。
posted by SHOW GOTO at 23:13| MEDIA

2013年02月07日

Daytona BROS

CIMG1715.JPG

CIMG1721.JPG
 バイカーモノの特集でDaytona BROS vol.24に掲載して頂きました。

CIMG1740.JPG
 バイクに乗る時や普段でも履き続けて頂いておりますお客様のブラッチャー。長距離走行でも足元を支え、皺のある顔つきが男らしい雰囲気です。しっかりとメンテナンスしますので、これからもどうぞ安心して履き続けて下さいネ!!
posted by SHOW GOTO at 00:15| MEDIA

2013年01月19日

MONO/モノマガジン

CIMG1660.JPG
モノマガジンさん掲載ありがとうございます!! ピンクの表紙に蛇の財布がぶっ飛んでます。

CIMG1649.JPG
時計と靴は男のマロン、いやロマン。

CIMG1663.JPG
モデルさんが履いたBLUCHER.87。フィッティングサンプル26cm

覆面を被った三人衆の足元に注目!!
左からスニーカー→ドレスシューズ→ワークブーツ←ちっちゃくて見・え・に・く・いですが…そうです、ホワイトクラウドのブラッチャーなんですね。
 
モデルさんに実際はいて撮影されるのは今回初です。
偶然にも隣のドレスシューズは小笠原の手によるもので、ここでも何か強いご縁を感じずにはいられません。
posted by SHOW GOTO at 22:52| MEDIA

2012年10月14日

ALL ABOUT BOOTS vol.2

DSC00166.JPG

笹倉出版社よりムック本【ALL ABOUT BOOTS vol.2】に掲載して頂きました。

「Boots Made in Japan」特集のP.69:シックスナインに載っております。必見!!
posted by SHOW GOTO at 22:50| MEDIA

2012年06月16日

CLUB HARLEY

ph_mag201207.jpg


毎月14日発売「クラブハーレー7月号」に載せて頂きました。今回は雨の日特集で、ブーツについてコメントさせて頂いております。革やブーツの製法、はたまた靴下についてまで、バイク乗り以外の方でも楽しめる雑誌です。P.53必見です目
posted by SHOW GOTO at 00:00| MEDIA

2012年02月20日

Lightning zero

DSC00501.JPG

DSC00496.JPG

 ライトニングゼロに掲載して頂きました。
【そろそろ一生モノを手に入れたい】という題目で編集部のマサイさんより”後藤さんの一生モノを教えて下さい”との取材依頼。

 勿論、頭の中に思い浮かべるのは我がバイクであります。20年来の付き合いで自分という人間を形成してくれた人間臭い乗り物。 

 20歳の頃は〜お前にはまだ早いよ〜と言われているような気で乗らされておりましたが、20年経った今、"乗らされている" から" 乗る"に変わってきたように思います。もの凄く極貧の頃もバイクを売ろうなんて気持ちは微塵も無かった。自分の周りでも色々大変だから売ろうかなという人もいましたが、内心「馬鹿じゃねーの、売るんだったら最初から乗るんじゃねーよ」と思っていた熱い時期もありました。

 ワークブーツを作るきっかけとなったHD社にお世話になっていた頃、多くのユーザーを魅了し愛され続けているハーレーダビッドソンを越えるような靴作りを目指そうと思い描いていたのもこの頃だったなあーと、色んな意味でこのバイクには感謝しております。



posted by SHOW GOTO at 01:15| MEDIA

2011年12月20日

CLUB HARLEY & Discover Japan

クラブハーレー、ディスカバージャパンに掲載して頂きました。

DSC00272.JPG

 言わずと知れたハーレー雑誌。最近はハーレーのカスタムは勿論、アメカジフリークが喜ぶようなBOOTS、ウェア、シルバー、革財布など紹介しているのでハーレーユーザー以外の人達も楽しめる雑誌になっております。


DSC00270.JPG

 日本の素晴らしいモノやコトを再発見できる大人な雑誌。特に歴史ある伝統工芸を現代風にアレンジしているモノなどが面白いです。古典的製法が今もなお生き続け、見直されつつあるという事は単に機能面だけではなくそこに暖かみのある人間らしさを求めている人達が増えつつあるという事なのでしょうか? 特に若い世代がそういった傾向にあると…。ってラジオで言ってました。
posted by SHOW GOTO at 12:41| MEDIA

2011年11月07日

LIFE TIME BOOTS

DSC00180.JPG

何を持って幸せと感じる事ができるのか?コミュニケートしモノを作ると色々なコトが見えてきます。
posted by SHOW GOTO at 22:58| MEDIA

2011年10月02日

The Style of BOOTS

DSC00113.JPG

DSC00112.JPG

DSC00110.JPG


HOBBY JAPAN MOOKより「The Style of BOOTS」に掲載して頂きました。

HOBBY JAPANと言えばプラモデル、中でもガンプラはドンピシャ世代でした。ジオラマを作ったり、旧ザクを探しに遠くまで行ったり、製作で特に拘った部分はガンダムの目の淵を綺麗に塗る事に萌えていた小学時代を懐かしく思えます。

そんな小学生だった自分がブーツで雑誌に載せて頂けるとは夢にも思えませんでした。

P.10
〜大人の男のためのアメカジショップ我らのMUSHMANSが掲載されています。代表の藤田さんの着こなしに注目!!目

P.70
〜SPIRITS of メイドインジャパン特集でホワイトクラウドが掲載されています。ミシンを踏んでいる姿が眠たそうに見えますが、ただただ目を細めているだけです。


お求めはお近くの書店までよろしくお願い致します。
posted by SHOW GOTO at 15:07| MEDIA

2011年09月18日

ALL ABOUT BOOTS

DSC00074.JPG

 笹倉出版社よりムック本【ALL ABOUT BOOTS】に掲載して頂きました。
"男にはやっぱりブーツが必要なんだ"という表題が"オレにはやっぱりお前が必要なんだ"という言葉が思い浮かんでくるのは私だけでしょうか?そう、女では無く相棒的な匂いのするMY BOOTS。
そんな相棒を見つけるのにもってこいのムック本であります。

【p.56】
JAPAN BOOTS特集ではホワイトクラウドの記事が載っており、今回撮影にご協力頂きました吉田様のCUSTOM BOOTSをご覧いただけます。

【P.43】
エイジングサンプル特集ではマッシュマンズ代表 藤田さんのブーツでまる1ページと圧巻です。経年変化の参考にして頂きたい。

【P.71】
オックスフォード特集で【ox-anforda】の堂々とした姿をご覧頂けます。


DSC00069.JPG   DSC00071.JPG


DSC00066.JPG

別冊Men's brand 【ALL ABOUT BOOTS】
お求めはお近くの書店までよろしくお願い致します。

posted by SHOW GOTO at 16:23| MEDIA

2011年07月20日

CLUB HARLEY 8

DSC00373.JPG

DSC00368.JPG 

 クラブハーレー8月号に掲載していただきました。今回は職人特集で、我が愛車は靴材料の買い出しの足で、大きなリュックを背負いシーシーバーに革を巻き付けタマに4号線を走っております。
posted by SHOW GOTO at 19:09| MEDIA